- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト青森

マツダ・CX-30

青森市からお越しのお客様
  • 301.jpg
  • 302.jpg
  • 303.jpg
  • 304.jpg
  • 305.jpg
  • 306.jpg
  • 307.jpg
  • 308.jpg
  • 309.jpg

「マツダ・CX-30」の施工事例です。

今回は以下の施工を行わせていただきました。
◆部分コーティング

CX-30は、マツダのデザインテーマ「魂動デザイン」を具現化したエレガントなスタイルと、SUVらしい力強さとを融合させた新しいコンパクトクロスオーバーです。

さて、今回施工させて頂いたのは以前にメンテナスコースでご入庫頂いたお車となります。前回、ボンネットの再塗装後の再コーティングもご一緒にご依頼いただいたのですが実際に再塗装されたボンネットを確認したところ、目視でわかる程度の色のムラ、塗装の厚みのムラがあり、ご指摘させていただきました。結果として塗装のやり直しとなり改めてご入庫いただきリボルト・プロの再コーティングとなりました。

まずは専用ケミカルを用いて洗浄を行った上で、グループ独自の下地処理「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で丁寧にしっかり磨いていきます。傷やシミを取り除く事で、塗装本来の輝きを取り戻すと共にコーティングの食いつきを良くする効果があります。下地処理の次に行うのはコーティングです。リボルト・プロは当グループオリジナルの低分子・完全硬化型のリボルトグループオリジナルのガラスコーティングです。ベースコートとトップコートの2層構造になっており、ガラス被膜特有のしっとりとした質感で、艶・光沢が高まります。3〜4μm程の厚みによりボディを保護します。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。
また、普段の通常洗車やメンテナンスコースなどでアフターフォローさせていただきます。
メンテナンスコースに関してはこちらをご覧ください

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。


301.jpg

302.jpg

303.jpg

304.jpg

305.jpg

306.jpg

307.jpg

308.jpg

309.jpg

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ


施工時期:
2022年6月
施工内容:
部分コーティング